グアム旅行観光ガイド

旅の基礎知識・オプショナルツアー・グルメ

*

グアム旅行でレンタカー

免許証と基礎知識

グアムレンタカー
・グアムでは、国際免許証を持っていなくても、21歳以上で30日以内の滞在期間であれば日本の自動車免許証で車の運転ができます。

・グアムは右側通行で、左ハンドルです。最初は慣れませんが、道が広く運転しやすいのですぐに運転できるようになります。

・レンタカーを借りるとショッピングやレストランへはもちろん、サンセットや観光客の少ない場所へも行けるのでより楽しい旅ができます。レンタカーは特にシーズンだとお気に入りの車種が借りられない場合もあるので、日本で予約しておいたほうが 無難です。ほとんどのレンタカー会社は日本から日本語で予約できます。インターネット予約では割引制度などがありますので、うまく活用しましょう。

保険について

・レンタカー料金にはLE/LP(自動車損害賠償保険)が含まれていますが、海外での慣れない運転には万一に備えておくほうが安心です。

PAI (搭乗者傷害保険):運転者以外にも同乗者が事故により負傷した場合に補償

PEC (携行品保険):契約者とその家族のレンタカー利用中の荷物の破損、盗難を補償

LDW/CDW (車両損害補償制度):盗難、紛失などでレンタル車両に損害が起きた場合の補償

LIS (追加自動車損害賠償保険):対人、対物保険の補償限度額をアップする

レンタカーの借り方

・カウンターで、予約確認書、日本の免許証、クレジットカードを出して手続きをします。カウンターでは、保険の有無、ガソリンの精算、クラスをアップグレードするか聞かれます。ガソリンは満タンにして返すか、返さないかです。アップグレードは必要なければ「No. Thank you」と言いましょう。

・英語が話せない場合は、日本語の説明パネルを出してくれます。クレジットカードを持っていなければデポジット(保証金)を預けなければならないので、クレジットカードは必要です。追加ドライバーがいる場合は申告し手続きをしておきます。

・手続きが終わると、貸渡契約書を渡してくれます。 地図をもらっておくと(無料)後で便利です。

車の運転時の注意点

・グアムは右側通行
左ハンドルで右側通行なので、十分に注意して運転しよう。店から道路に入る場合、交差点で右折、左折する場合は特に注意です。助手席の人も運転に協力して安全なドライブを心がけましょう。ハワイでは、右折は信号が赤の場合でも車がきていなければ可能です。

・シートベルト着用
グアム・サイパンではシートベルトは厳しくチェックされます。ドライバーも助手席に乗る人もシートベルトを着用しましょう。 4歳以下の幼児はチャイルドシート使用が義務づけられています。

・速度制限
グアム・サイパンでは「マイル」でスピードを表示します。1マイル=1.6キロメートルです。交通標識に従って運転しよう。フリーウェーでは50~55マイルですが、気持ちよくついつい飛ばしてしまうとスピード違反で捕まります。ハワイでは取り締まりが厳しいので注意しよう。

・スクールバスの追い越し
スクールバスがフラッシュランプを点滅させて停車しているときは、 生徒の乗降が終わるまで停車して待ちましょう。これは交通規則で定められています。

・喫煙
車の窓からタバコの吸殻を捨てると最高3000ドルの罰金を徴収されます。レンタカーでは車内は禁煙です。車内で吸った形跡があると返却時に追加料金を取られることもあるので注意しよう。

・駐車
グアムでは、違法駐車取締りが厳しいので、パーキングメーターのついた駐車スペースかパーキングロット(駐車場)に駐車しよう。パーキングメーターが時間切れになると駐車違反のチケットを切られます。 駐車可能なスペースでも曜日は時間が決まっているものがあるので看板を見て注意しよう。最悪レッカー移動された場合、公衆電話から911(警察)に電話をして、駐車していた場所と車のナンバーを告げると、レッカー会社を教えてくれます。レッカー移動は「tow-Away」といいます。

 - レンタカーと地図

336

336

  関連記事

グアム地図
グアム地図

グアム地図で位置関係を把握しよう